----◇----◆まめぽん流 豆本の作り方 補足説明◆----◇----
「まめぽん流_豆本の作り方」冊子を基に、Mサイズ豆本との違いについてご案内します。

【Sサイズ豆本】豆本の作り方
【薄い豆本の丸背】の作り方
【巻頭挿絵】の貼り方手順
【丸背形成】時の注意点
…追加記載/2014.10.28
【タジマハンディーソー】の代替品
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
【Sサイズ豆本】豆本の作り方
◆[冊子p6]での違い
・両脇をWクリップで止める。……のところで
  ★Mサイズ豆本製作時は32mm(中クリップ)のところ、Sサイズ豆本では幅24mm(小Wクリップ)で挟みます。
・背側に約8mm間隔で5本の鋸目を付ける。……のところを
  ★Sサイズ豆本では約9mm間隔で3本の鋸目を付けます。

◆[冊子p8]での違い
・カーブラインを崩さないように固定する。……のところで
  ★小クリップで挟むとき、クリップと紙束を下ラインに合わせてし まうと、扇状に広げることができません。
  そこで、紙束の頭を小クリップより7mmほど上に出します↓

  それを扇状に広げます↓

他はMサイズ豆本と同じ作り方です。

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
【薄い豆本の丸背】の作り方
◆[冊子p6]での違い
・背側に約8mm間隔で5本の鋸目を付ける。……のところを
  ★薄い紙束に鋸目をつけようとすると、束がヨレヨレになって上手くいきません。
  そこで、この工程は省いて、鋸目を付けずに次の作業に移ります。

◆[冊子p7]での違い
・Wクリップのカーブを利用して丸背を形作る。……のところを
  ★薄い本=ページ数の少ない本のとき、Wクリップのカーブに沿わせようとしても上手くいきません。
  そこで、図のように垂直に立てた丸棒に沿わせて丸背を形成します。
  このとき、丸棒と紙束を垂直に保ってください。形ができたら丸棒を放してWクリップで挟みます。



他は冊子どおりに進めます。

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
【巻頭挿絵】の貼り方手順
『あのときの王子くん』この豆本は、巻頭に折込式の挿絵が付いています。
キットには、三つ折の挿絵が入っていますが、それを付ける手順について……

  ・豆本の作り方冊子で「10P」までは通常通りに作ってください。
  ・「11P」で「・前後の捨て紙を剥がす。」の後、タイトルに重ねて貼ります。
   ※この時、必ず本体の背に合わせて貼ってください!
  ・「・見返し用紙を半分に折り……」の作業に移ります。
  ・「12P」ではみ出た見返し用紙をカッターで切り落とします。
    この時、先の挿絵のはみ出しを一緒に落とします。
   ※再度のご注意! 挿絵は本体の背側に合わせて貼りましたか?
    小口に合わせて貼ると、見返し用紙と一緒に切り落とす危険があります。

後は、通常どおりに進めます。

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
【丸背形成】時の注意点
冊子の7Pの工程…丸背の形成が苦手という声が多く寄せられます。

うまく形成するための条件を挙げてみます。
1.本文束が机面に垂直に立っている。
2.本文束がヨレヨレしていない。
3.150ページくらいの本文束。
4.丸背形成用としてWクリップ自体の抑える力が弱いもの(本来の目的から言うと不良のもの)を使う。

この条件を整えるために次の事をします。
『1.本文束が机面に垂直に立っている。』は、作業中常に紙束の直角・垂直を心掛ける。
『2.本文束がヨレヨレしていない。』は、背に溝を入れる作業で本文束がヨレヨレになることが考えられますので[・出来るだけ鋸目すれすれの所を指で押さえて、他の部分が傷まないように/本文束が手汗で伸びないように]気をつける。
『3.本文束が150ページくらい…。』は形成しやすいページ数です。なのでそれくらいのページ数のものを選ぶ(^-^);スミマセン。....ページ数の少ないものに関しては 【薄い豆本の丸背】をご参照ください。
『4.丸背形成にはWクリップ自体の抑える力が弱いもの(本来の目的から言うと不良のもの)を使う。』は、在庫のWクリップの中からこのスグレモノを探してみてください。見当たらないときは「ドーナツクリップ(大)」を使う。摘む部分がドーナツ型になっているので作業がうんと楽になると思います。…ネット検索すると出てきますよ♪

あと一つ!
本文束は、摘んでいる背と反対の小口(Wクリップに接する側)を広く均等に開くことです。

では、丸背形成、頑張ってください(^_^)ゞ

+×+----------------------------+×+----------------------------+×+
※丸背形成に気を取られているうち、本文束を直角に保つ事をわすれてしまい、ボンド乾燥が終わってみると菱形になっていた…(*へ*)
という悲しい事にならないように『丸背・直角』への心配りを忘れないようにします。
『10Pの Wクリップを背側に留めて乾かす』作業の時に歪む場合があります。
Wクリップで挟んだ後もう一度、紙束が直角になっているか確認しましょう。
歪んでいるときは、一旦Wクリップを外し、机の上で歪みを修正し、垂直に立てたままWクリップで挟みます。


━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
【タジマハンディーソー】の代替品
豆本製作道具としてお勧めしている「タジマ ハンディーソー(画像)」は残念ながら廃番になりました。
これから道具を買い集めて豆本を作る予定の方へ、代替品情報として書いておきます。
・オルファカッターのこぎり
・NTのこぎりカッター
・ムラテックKDSのこ刃
画像確認のみで使用経験はありませんが、形と刃が似通っているものを挙げてみました。

お手頃価格で「ダンボール鋸ダンちゃん」という鋸カッターがあります。本来の用途においては重宝なものですが、豆本製作で使用するには「刃が薄いので糊溝を作るのに時間がかかる、刃先が滑りやすく危険」などの理由からお勧めできません。(参考まで)

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━
豆本づくり、楽しまれていますか?
・同じ箇所でつまづく
・ここの作業がどうしても好きになれない
など、豆本づくりの途中で感じることはありませんか?

上手くいかない箇所を写真に撮って送っていただけませんか?
もしかしたら良いアドバイスが出来るかも知れません。
ちょっと修正することで、より一層、豆本づくりを楽しめるようになるかも知れません。

「豆本の作り方冊子」では余計な文章を省き、やさしい説明書になるよう心がけましたので、
一通り作り方が分かると説明不足と感じることと思います。

お寄せいただいた質問を基に、このページをもっと充実したものに出来たら幸いです。

ご質問メールは、商品発送時メールに添付の「yahooのメールアドレス」にお送りください。
まめぽんのyahooアドレスは当初より変更しておりません。古くからお付き合い下さっている皆様も是非ご利用ください。
差し支えなければ画像を添付してください。
お返事をお送りするまでに少しの時間をいただきます。ご了承ください。
お送りいただいたメールや画像を許可無く転用することはありません。


では、豆本を作りながら、お待ちしています……♪